Higu`s diary

大学院生の日記です。主にプログラミングとカメラについて。最近はデータ分析・Kaggleにハマっています

きれいなスライドを作り、上手な発表をするコツ

こんにちは、ひぐです。

f:id:zerebom:20181007130054p:plain

卒論発表の練習会があり、

先生にスライドについてコテンパンに指導されましたorz

 

社会人の方も、学生の方も、人前でパワポを使って発表する場面はよくあるかと思います。

人にわかりやすく発表するスキルは大切です!

 

今日僕が怒られたことを皆さんに共有しますので、

怒られ回避に役立てていただけたらと思います…!

 

具体例がないと分かりづらいと思うので、

恥ずかしいですが僕のへぼスライドを用いて説明していきます。 

 

 

 

 

①情報量の少ない単語を使わない

例えばこのスライド、背景を説明するために

「違う」という単語が使われていますが、

どう違うのか?について言及する必要があります。

 

f:id:zerebom:20190211115048p:plain

具体的には「民主党候補者のみ、黒人に対して平易な言葉を使う

等のように書き換える必要があります。

 

 

他には、「変わる」など抽象度の高い単語を使わないようにしましょう。

プログラミングの変数命名にも言えますね。

 

良いスライドとは、発表者の説明に依らず、スライド単体で意味が伝わるのです。

はっきりいって人の発表を一語一句聞いてくれる人などいません。

スライドだけ追っても伝わる発表にしないといけません。

 

ちなみにこのスライドは色が多すぎて見づらいとも言われました。涙

 

②PCの画面よりプロジェクターでの出力は暗くなるので明るい色を使う

見出しのとおりです。今回二者を比較するスライドを作成するために色を使用したのですが、かなり暗く表示されてしまったので以下のように変更しました。

f:id:zerebom:20190211112754p:plain

f:id:zerebom:20190211113038p:plain

 

環境にもよりますが、基本的にスライドはPCの画面より暗く表示されます。

文字を白抜きにするという方法もありますが、黒の字と併用されると見づらいので

やはり背景色を薄くするのが効果的でしょう。

 

③余白を作る&余白をそろえる

ダメな例↓

f:id:zerebom:20190211113535p:plain



 

これは言われれば当たり前なのですが、急いで作ると意外と適当になってしまいます。w

 

同じ発表でも、きれいなスライドのほうが聞いてくれるはずです…!

 

あと、余白ギリギリに作ってしまうとプロジェクターの関係で見切れたり、

後ろ側の人が見れなかったりします。

 

④文章を名詞主体でなく、動詞主体で考える

これは、パワポ内で自分の言いたいことを凝縮したキーワード・フレーズを載せるときに正しい日本語で記述するためのテクニックです

 

 日本語の文章は、動詞が「名詞+する」によって生成されることからもわかる通り、

名詞主体で作成されます。

(e.g.

名詞:行動

動詞:行動する)

 

一方、英語の文章は動詞主体で作成されます。名詞は「動詞+-tion,ing,ize,etc...」によって生成されるうえに、第五文型で必ずVが含まれていることからもわかると思います。

(e.g.

動詞:do

名詞:doing)

 

そして、日本語は情緒を表したりするのには優れた言語ですが、

論理的な文章を書くには英語のほうが優れています。

 

実際に昔の民法などは、日本語で書かれてなく、漢語+カタカナのフリガナで作成されていました。

 

では、日本語で論理的な文章を書くにはどうすればいいか?

 

動詞主体で考え、英語の直訳調の文章にすればいいのです!

 

さて、前置きが長くなりましたが、動詞主体で考えるとはどういうことか?

 

たとえばこのスライドの「違いを生ませる」という表現。↓

 

f:id:zerebom:20190211114351p:plain

 

一見意味が通じるように思えますが、「政治的思想」が違いを「生ませて」はいないですよね。

 

これは政治的思想→どうだったか?という順序で文章を考えたことで、

動詞がないがしろにされてしまったのです。

 

違いが見られた→何によって?、と動詞から考えれば、名詞は一意に決まり、

「政治的思想で人物を分類すると両者で、発言・嗜好などの違いが見られた」

 

と正しい文章を作成することができます。

 

これはなかなか難しいですが、訓練ですね!

論文など論理的な文章を書く時にも大切です。

 

(※またも「違い」という言葉を使っていますが、

どのような違いか説明する図を挿入しているのでご容赦下さい(笑))

 

⑤上手な人のスライドを見る・聞く

SlideShareで上手な人のスライドはごろごろ転がっているので、

参考にさせていただきましょう。

 

以下のリンクには、登壇する際の心得・発表のコツがまとまっているので

そちらも参考にしてください。

note.mu

 

www.inden.ne.jp

⑥くそダサいスライドを作り、もはや内容に目がいかなくようにする

f:id:zerebom:20190211115324p:plain

 

 

参考:

クソダサいプレゼン資料をパワポで作る方法。三原色のもっさり配色・素人フォントのワードアート・べっとり虹色グラデーション | ニコニコニュース

 

。。。嘘です(笑)

 

以上です!

02/15に卒研発表なので、それまでにはまともなスライドを作り、発表できるようになりたいと思います!

 

コツとか言っておきながら、このブログの文章もスライドもまだまだだと思うので、

指摘があればお願いしますー!

では~

google-site-verification: google1c6f931fc8723fac.html